看護師に必要な資質ってある?

第一に心身ともに健康であることがあげられるでしょう。

長時間の立ちっぱなし仕事でや、バラバラな勤務時間などハードスケジュールを要求されますので、体力勝負といえます。

そのための健康管理能力も必要不可欠な適正能力とされるでしょう。

またさまざまな対応を瞬時にこなすため、常に緊張状態を強いられるため強靭な気力、精神力も必要ですね。

もちろん、最初から兼ね備えている人はいません、仕事での経験によって培われることも多いので、心身ともに健康を維持できる努力も必要になってきます。

一般的に何の仕事であろうと、
忍耐、時間厳守、コミュニケーション、自己管理、責任感は社会人として必要不可欠能力ですが、
看護師として、時と場合、辛い事や悩み事があっても明るく振舞える性格などであれば、より高い看護師としての職務をまっとうできるでしょう。

もちろん、最初から兼ね備えている、資質があるなどはまずいません。

勉強し経験を積む中で身につけられる資質ともいえるでしょう。

逆に病気や入院経験がある場合などは、相手の気持ちを察し、理解してあげれるなどの経験を活かすことにもなります。

たとえ、コミュニケーション能力がなく、口下手であっても病気やケガで、苦しんでいる人の立場になって相手のことを常に考えてあげれば、気持ちは伝わり信頼関係を築いていくこともできるでしょう。

工夫と応用能力、臨機応変、経験と学びの中で培われて看護師職への適正が身についていくものだと思います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。