動物看護師の需要


近年、日本でもペットブームが本格化し、獣医、動物病院の需要も年々高まってきています。
それに伴い、動物看護師職の需要はこれからますます高いものになっていると期待されます。

動物看護師とは、
動物病院等で獣医師の直接指導のもとに、「診療補助、手術補助、各種検査、受付業務、飼い主への対応」などを行う専門技術者のことです。

人間の看護を行う看護師と同様、高度な技術と幅広い知識が必要とされています。

しかしながら、

人の看護をする看護師が「国家資格」なのに対し、動物看護師はまだ法律で定められているわけではないので、
「民間資格」にすぎませんが、その重要性から今後、法律によって確立する日も近いかもしれません。



動物看護師になるには?
動物看護師は現在、法律で定められているわけではないので
「公的資格(国家資格)」ではなく、
各団体などが独自の審査基準に基づいて、
「民間資格」としての認定を行っており、各団体が実施する認定試験などに合格し、認定を受ければ動物看護師として働くことが可能となっています。

 
動物看護師の職場 。

・動物病院。
・動物園。
・水族館。
・犬の訓練士。


動物看護師として働ける職場は動物病院だけでなく、上記の通りさまざまな場所で必要とされています。

ペットブームでの動物看護師への需要などは高まってくるでしょう。

posted by ナースE at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物看護師・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。