看護師と准看護師って何が違うの?

就職・転職情報など見ていると、看護師・准看護師って
表記がとても多いですよね〜。
でも、この違いって、いまいちよくわからない?

まずは、こんな法律から読んでみてね。


保健師・助産師・看護師・准看護師の資格や業務について
定められた法律・・・、


それが、「保健師助産師看護師法」です。

この法律からの定義では・・・、

看護師とは・・・
厚生大臣の免許を受けて、
傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう。

※褥婦=出産後の女性。

※療養上の世話というのは、療養中の患者または褥婦に対して、
その症状に対して行う医学的知識および技術を必要とする世話のこと。

※診療の補助とは、医師・歯科医師が患者を診断治療する際に行う補助行為のことです。


准看護師とは・・・、
都道府県知事免許を受けて、医師・歯科医師、または看護師の指示を
受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助
を行うことを業とする者をいう。


このことから分かるように、准看護師は看護師の下で働くイメージを
おもちいただけるでしょうか?





posted by ナースE at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 看護師と准看護師の違い・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。